環境方針

わが社の事業領域は
”空気クオリティーの創造を通じて最適環境をひらく“ です。
これは、エアフィルタを通じ地球資源の循環型活用を促し、環境保全を積極的に推進することで、さらに最適な環境を創造することを意味します。環境に配慮した活動と、環境マネジメントシステムの継続的改善により、環境創造 企業としてのブランド力を強めます。

1

わが社の事業活動の中から環境に影響を与える以下の事項については、重点的に環境保全を推進して成果を追及します。
また、この環境方針の達成のため環境目的・目標を設定し全従業員をあげて環境管理を推進します。

  • (ア) 循環型社会形成のための環境対応フィルタの開発。
  • (イ) 有害物質調査を踏まえ、製品への混入を制御します。
  • (ウ) 排出する廃棄物の再資源化を実施。
  • (エ) 生産効率を改善する取り組みを通じ、有益な環境側面を生み出します。
2

長い先の話ではなく、先ず出来る事からはじめます。

  • (ア) 生産効率の改善により、必要な生産エネルギーを削減します。
  • (イ) 節電による省エネを実施します。
  • (ウ) 端材、ロスを削減することで、排出する廃棄物を減らします。
  • (エ) 工程異常をなくすことで、トータルエネルギーロスを削減します。
  • (オ) 不良在庫品を削減することで地球資源の保全に貢献します。
3

環境保全に関係する法律、条令及び、わが社が同意した地域との協定、ならびに顧客の要望事項を順守します。

4

環境方針は全従業員に周知徹底し、関係業者にも理解と協力を求め、 日常業務の中で環境方針に沿った活動を行います。

5

この環境方針は社内外に公表します。

環境マネジメトシステムの適用範囲

  • 1.適用サイトは、本社及び本社工場、東京営業所とする
  • 2.適用要員は、当社に所属する全従業員。
  • 3.適用する活動、製品サービス
  • (1).製品:冷却及び 換気装置に用いるエアフィルタ
  • (2).活動:冷却及び 換気装置に用いるエアフィルタの設計・開発及び製造
  • (3).サービス:該 当なし
2014年10月15日
代表取締役 西川 浅太郎